BCP 事業継続計画

お客様からの高いご支持をいただいております弊社は、安定納品の責任があります。安定納品を果たすべく、BCP対策に本気で取り組んでおります。


※BCPとは…(business continuity plan)事業継続計画/ ビジネスコンティニュイティ・プラン
企業がビジネスコンティニュイティに取り組むうえで基本となる計画のことを言います。


トヨックスがBCPになぜ取り組むのか?

顧客からの信頼維持

想定されるリスクを予防するとともに、万一発生した場合には、
被害の最小化と迅速な復旧により、商品供給責任を果たし、
顧客から信頼され、安心して取引を続けていただけるため。


従業員の安全と雇用、その家族の安全を最優先とし、
従業員が安心して働ける企業を創るため。

地域・社会への貢献

平時に限らず有事の際も地域・社会貢献の理念を忘れず、
各従業員が自発的に地域・社会へ貢献できる企業文化を創るため。

どんな事故・災害を想定するのか

トヨックスが抱えるリスクは多々ありますが、
特に水害・地震、病原ウィルス感染、IT ウィルス感染を重点として想定します。

水害・地震・病原菌ウィルス感染・ITウィルス感染

BCP 具体的な取り組み

工場分散化・工場防災強化・BCPサプライチェーン構築・安心納品在庫増・在庫拠点分散化。BCP対策 貴社への安定納品をお約束致します

工場のBCPに取り組んでいます

■ 工場の分散化と代替生産

  • 市内 本社工場4 工場・協力工場2 ヶ所
  • 県外 協力工場2 ヶ所
  • 海外 アセアン工場(タイ)
  • 海外 伊・フィット社提携

本社工場・本社技術センター・第三工場・荒町工場

■ 水害・地震リスク対策の実施

  • 早期危険感知のため雨量計設置
  • 水害時の工場への浸水対策として土嚢設置と
     定期訓練
  • 早期避難のため地震警報システム導入
  • 携帯メールでの安否確認システム導入
  • 工場への浸水防止対策の実施
  • 設備の固定化で地震対策
  • 夜間の防災訓練を定期的に実施
  • 復旧までの供給を在庫増で対応
  • 水害対策でのデータサーバー高床化
  • データクラウド管理
物流のBCPに取り組んでいます。水害・地震
安心納品在庫増・在庫拠点分散化

■ 生産と物流拠点の分散化


国内外5拠点に分散化(富山・岡山・上海・広州・タイ)




■ 復旧想定期間分の在庫増で安定納品態勢

■ 水害・地震リスク対策の実施

  • 早期危険感知のため雨量計設置
  • 水害時の倉庫への浸水対策として防潮板設置

サプライヤーへのBCPに取り組み推進します

■ 復旧想定期間分の在庫増で安定納品態勢
■ 水害・地震リスク対策の実施


サプライヤーBCP取組推進。現状 運用中+策定予定=56% 80%以上へ

■ サプライヤーと製品のデータベース化
■ サプライヤーの地理的リスク分散
■ グローバル調達網の構築


国内調達とグローバル調達網設備


 

 


このページのトップへ



Copyright 1997-2010 © TOYOX CO., LTD. All Rights Reserved.